カーテン・インテリア専門店TERIxTERI

0120-946-210

カーテンの寿命とは?|カーテン専門店が教える買い替え時の目安と、長持ちさせるコツlifespan_of_curtain

『カーテンの寿命や新しいものへの交換時期が気になる方』『カーテンの正しいケア方法を学びたい方』『カーテンをより長く使うコツを探している方』に向けて、この情報は特に有益です。

カーテンの耐用年数(寿命)について

カーテンの耐用年数(寿命)について

カーテンは通常、4年から5年ほど持つとされていますが、これは使用方法や素材によって異なります。
以下では、カーテンの種類ごとの耐用年数について解説します。

ドレープカーテンの寿命はどのくらい?

ドレープカーテン(厚地)の寿命は、一般的に4年から5年程度とされています。
カーテン生地でよく使用される素材に『化学繊維(ポリエステルなど)』と『天然繊維(綿・麻など)』が挙げられます。この2つの素材の寿命について説明します。

化学繊維(ポリエステルなど)

化学繊維(ポリエステルなど)

カーテン生地で多く使用されている化学繊維(ポリエステルなど)は、比較的丈夫でご家庭でお洗濯可能な生地がほとんど。
防炎機能や、遮光性、遮熱性など、機能を兼ね備えたカーテンを求める方向け。
年に1回から2回の洗濯と適切なケアを施せば、カーテンの使用期間を延ばすことができます。

天然繊維(綿・麻など)の場合

天然繊維(綿・麻など)

綿(コットン)や麻(リネン)素材は、直射日光によるダメージを受けやすく、陽当たりの良い場所に掛けると劣化が早まります。ポリエステル素材に比べると寿命は短いでしょう。また、繊細な生地なので、取扱いやお手入れをしっかり行う事が大切です。
使うほどに風合いが増し、天然素材ならではの手触りや透け感を楽しみたい方に愛用されています。

天然素材カーテン特集

レースカーテンの寿命はどのくらい?

レースカーテンに関しても、ドレープカーテンと同様に、通常4年から5年程度の寿命があるとされています。
昼間、直射日光を受ける時間がドレープカーテンに比べ長いので、紫外線による劣化を受けやすいです。
また、薄く繊細なレース生地は、ほつれたり裂けたりする事で寿命を早めてしまうので、取扱いには注意が必要です。

UVカットレースの場合

UVカットレースは生地自体や織り方にUVカットの機能があるため、洗濯をすることでその効果が落ちることはありません。
汚れた状態で使用して劣化を早めるより、洗濯表示に従って適度にお洗濯をして清潔な状態を保つことが大切です。洗濯する際の目安として、年に約2回程度が適切です。

UVカットレース

新しいものへの交換時期

ぱっと見まだまだ使えそうなカーテンも、よく見ると色褪せや、ほつれが・・・なんて事も。もし、下記のチェックポイントに該当したら、買い替え時かもしれません!

生地の破損・汚れ

劣化のチェックポイント

チェックポイント①手触り 硬くなってごわごわしたり、油汚れでベタベタしたりします。長期間お洗濯をしていないカーテンは生地の手触りがごわごわと硬くなっています。リビングに掛けているカーテンには、調理中の油が染みついてベタつきを感じる事があります。
チェックポイント②色褪せ 色が褪せて日焼けによる変色が起こっています。主にウエーブの奥側(室外側)が日焼けしやすいため、カーテンを広げて見てみるとよく分かります。
チェックポイント③裂け、破れ 直射日光によるダメージで、生地が劣化していると、ちょっと触っただけで裂けたり、破れてしまいます。
チェックポイント④ほつれ 何かに引っ掛けてしまったり、ペットがいたずらをしてしまって、生地の一部がほつれている。
チェックポイント⑤カビ 黒カビが発生している。
チェックポイント⑥部品の劣化 カーテンフックが折れている。黄変していたり、ベタベタする。

カーテンを長持ちさせるコツ

普段からお手入れをする事で、カーテンを長持ちさせることが出来ます。
お気に入りのカーテンを一日でも長く愛用したいものですね。

普段のお手入れ方法

床掃除などの前に、モップなどでサッとほこりを払いましょう。普段はこの程度でOK。
窓の汚れや結露がカーテンにつくと、カビの原因にもなるので、窓もピカピカにしておくとなおいいですね!

普段のお手入れ方法

カーテンのお手入れ方法

洗濯方法・干し方について・洗濯回数の目安

洗濯表示を確認し、
ドレープカーテンは年1回
レースカーテンは年2回を目安に洗濯して下さい。

カーテンの洗濯方法

季節ごとの掛け替えもおすすめ

日差しが強い夏場は、UVカット率の高いレースカーテンを掛けたり、暖房効率を上げたい冬場は、断熱効果のあるドレープカーテンを掛けるなど、季節ごとに掛け替えるのもおすすめです。雰囲気も変わり、気分転換になります!

天然素遮熱・保温カーテン

同サイズの窓があればローテーションさせるのもアリ!

窓の向きによって陽当たり具合が違うので、ローテーションさせて特定のカーテンだけが日焼けしないように工夫する方法もあります。

まとめ

・カーテンの耐用年数は、その素材や置かれた環境に依存する
・継続的な適切なメンテナンスによって、カーテンの使用期間を延ばすことが可能になる
・劣化のチェックポイントを確認し、買い替え時を判断する目安にする

SEARCH

MAGAZINE