カーテン・インテリア専門店TERIxTERI

採寸方法measurement

カーテンの採寸方法

レールの採寸方法

ブラインド・ロールスクリーンの採寸方法

カーテンの採寸方法

カーテン選びは採寸から
まずメモとメジャーを用意して採寸しましょう。カーテンレールが採寸の基準となります。
カーテンレールがない場合は、カーテンレールを取り付けてください。
※お使いのカーテンを測らないようにご注意ください。

採寸してから、ご希望のサイズをお選びいただくことで、
素敵な仕上がりとなります。

弊社には、既製品商品もご用意しております。
以下のサイズで合う場合は、オーダー商品よりも納期は早く・金額もお安くご提供可能ですので参考にしてください。

腰窓用
腰窓用

  • ドレープ(通常のカーテン)
  • 幅100cm×丈135cm
  • レース
  • 幅100cm×丈133cm
はきだし窓用
はきだし窓用

  • ドレープ(通常のカーテン)
  • 幅100cm×丈178cm
  • 幅100cm×丈200cm
  • レース
  • 幅100cm×丈176cm
  • 幅100cm×丈198cm

STEP1 幅を測る

レールの種類を確認して横幅を測ります。

kinousei

機能性レールの場合

固定された一番端のランナーから
一番端のランナーまでを測ります。
※機能性レールとは一般的なカーテンレールの事です。

sousyokusei

装飾性レールの場合

レールの両脇にあるキャップの
付け根から付け根までを測ります。
※デザイン性を重視した両側に装飾キャップのあるレールの事です。

tenjou2

天井レールの場合

レールの位置を確認し、A + B + Cの寸法を測ります。
※天井レールとは、天井に直接つけてある機能性レールの事です。

STEP2 高さを測る

窓の種類に合わせて丈(長さ)を測ります。

kinousei2

腰窓の場合

ランナーの下から窓枠の下までを測ります。
※廊下などに設置されているもの

saisun1

はきだし窓の場合

ランナーの下から床までを測ります。
※縁側やベランダに設置されているもの

tenjou2

出窓、カウンター付きの場合

ランナーの下から棚面までを測ります。
※窓まで奥行があるもの

STEP3 カーテンサイズを計算する

理想のカーテンサイズを計算します。

測った横幅 × 1.02~1.05(余裕分) = ご注文サイズ(cm)
腰窓(下に何もない場合)
測った丈 + 10cm~20cm = ご注文サイズ(cm)
光漏れを防ぐために10cm~20cm追加します。
はきだし窓
測った丈 – 1cm = ご注文サイズ(cm)
裾を汚さないため1cm引きます。
出窓
出窓の窓にかかる場合
測った丈 – 1cm=ご注文サイズ(cm)
出窓の手前になる場合
測った丈 + 15cm~20cm=ご注文サイズ(cm)
レース
測った丈 – 1~2cm=ご注文サイズ(cm)
幅はドレープカーテンと同様です。
レースカーテンはドレープカーテンと合わせた状態で、
下からレースが見えてしまわないように、ドレープカーテンの
ご注文サイズからさらに1~2cmを引いた長さが理想です。

STEP4 フックの種類を確認する

カーテンはフック付きで販売しており、AフックとBフックの2種類があります。

フックの形式

Aフック

レールが露出します。
主に装飾性レールに使用されます。

ahook

Bフック

レールを隠します。
主に機能性レールに使用されます。

bhook

ご注意ください!Bフックはレールの種類によりご利用いただけない場合がございます。

フックの形式

アジャスターフック

プラスチック製でAフック、Bフックの調節が可能です。4cm程度の微調整ができます。

ahook

金フック

金属製のフックです。長さの調節には対応していません。

bhook

レール別カーテンフックの利用例

機能性レール

機能性レール

装飾性レール

装飾性レール

天井レール

天井レール

機能性 + 装飾性レール

機能性 + 装飾性レール

※装飾レール・機能レールの組み合わせでは、Aフック・BフックやAフック・Aフックとなる製品もございますので、ご使用になるカーテンレールの仕様をご確認ください。

レールの採寸方法

ご購入いただいたカーテンレールは、お手数おかけいたしますが、お客様にて取り付けを行っていただくよう、お願いしております。
きれいな仕上がりにするために、採寸や取付位置の確認が大切です。

POINT

1.レール取付場所周辺を確認しましょう

カーテンレールを取り付ける場合、窓の近くにエアコン、クローゼット、壁など
干渉物がないか確認しましょう。

2.下地について

カーテンレールご購入の際は、必ず事前に取り付け位置の「下地」を確認しましょう。
下地がないと、ご購入いただいたカーテンレールの取り付けができません。
※下地:壁・天井の内側にある柱など、素地に当たる部分です。

3.ご注文時にお選びいただく、レールの種類とサイズについて

2種類あるレールの種類

一般的なカーテンレールのことです。走行性が高いため開け閉めの際に負担が少なく、カーテンが長持ちします。
デザイン性を重視した金属製や木製のカーテンレールの事です。
両側に装飾用のキャップが付いており、さまざまなデザインが存在します。

レールのサイズについて

装飾性レールの場合も、機能性レールの場合も、TERITERIがご注文サイズとして記載している長さは、両端のキャップを省いたレール(ポール)部分のみの寸法です。

ご注文いただくポールの長さは
レールの長さ + ご選択いただくキャップののみ込み寸法となります。
レールカットなどのご注文の際はご注意くださいますようお願いいたします。

機能性レールの採寸方法

1.設置方法を確認する

正面付け
窓枠外の上部に設置する
天井付け
窓枠内側に設置する

2.採寸して適正な数字を計算する

正面付けの場合
窓枠外寸法 + 15cm
+ (キャップののみ込み寸法 × 2)
=ご注文サイズ(レールの長さ)cm
天井付けの場合
窓枠内寸法 – 1cm
– (キャップの全長 × 2)
+ (キャップののみ込み寸法 × 2)

=ご注文サイズ(レールの長さ)cm

※両端7.5cm程度プラスしてカーテンをかけたとき窓を覆うように設置します。

※窓枠の干渉を防ぐために、窓枠内寸法から1cm差し引いた長さにします。

装飾性レールの採寸方法

正面付けの場合※装飾レールは正面付けでの取り付けが一般的です。
窓枠外寸法 + 20cm + キャップののみ込み寸法 × 2
ご注文サイズ(レールの長さ)cm


装飾レールのご注文サイズは両端のキャップとの接合部分である「のみこみ寸法」までを含みます。なお、キャップの寸法は商品ページに掲載されております。

※カーテンの取り付け位置を高めにすると、光漏れを防ぎ、お部屋を広く見せることもできます。

カーテンレールを希望の長さにしたい

レールカットの注文方法

TERITERIはレールカット無料です!
TERITERIではレールカットを無料で承ります。カーテン専門店TERITERIでは、お客様のご希望に応じて、カーテンレールをご希望の長さにカットしてお届けする「レールカットOK商品」もございます。
詳しい注文方法はこちらでご確認ください。

レールカット希望の欄に、ご希望のカット寸法を記載してください。
※単位はcmからとなっております。ミリ単位でのご指定はできませんので、あらかじめご了承ください。
※ご注文画面でサイズと記載されている長さより、ご希望の寸法分だけカットします。
当店よりメーカーへカットの発注を行います
その後お客様へ仕上がりの納期をメールでご連絡いたします。
メーカーからご指定の住所へ直送させていただきます。
切り落とした残レールはメーカーにて廃棄します。
80cmをご希望の場合は、レールカットの入力欄に「80cm」と入力した後。サイズ「120cm」をカートに入れてください。装飾性レールの場合はキャップを装着しますので、キャップの寸法をプラスした長さが全長となります。

装飾レールのダブルセットをご注文いただく際のレールカットについて

※装飾レールのダブルレールセットをご注文いただいた場合、
メーカーの標準的なセットでは、レール側のレールサイズはドレープ側 – 10cmとなります。
ただし、以下の装飾レールは異なりますのでご注意ください。

ⅰ)コルティナ・アートスミスⅡクラッシー25
ドレープ側と同寸法
ⅱ)レガートグラン・レガートスクエア・レガートプリモ・レガート
ドレープ側 – 3cm
ⅳ)グレイスノーヴァ19・グレイスフィーノ19・グレイス16・クラフト19・ルブラン22
  • *ポールダブルセットの場合⇒ドレープ側と同寸法
  • *ネクスティダブルセットの場合⇒ドレープ側 – 10cm

ⅴ)レガートスクエアメタルRセット・レガートプリモメタルRセット・レガートメタルRセット
ドレープ側 + 3cm
ⅵ)ノルディ25
ドレープ側とレース側の両方の寸法をご指定ください

※カバートップは「ドレープ側 – 3cm」となります。
※レガートスクエアメタルRセット用カバートップ
レガートプリモメタルRセット用カバートップ
レガートメタルRセット用カバートップはドレープ側 – 5cmとなります。

ブラインド、ロールスクリーン、プリーツスクリーンの採寸方法

POINT

1.壁につける場合は下地を確認しましょう
下地がない場合などは、木枠への打ち込みが必要となりますのでご注意ください。
2.理想の仕上がりとなるよう、壁にゆがみや傾きがないか確認することが大切です。
ゆがんでいる窓枠へ取り付ける場合は、狭い方の寸法を採寸してください。
ゆがみが顕著な場合、窓枠と商品の間に、1cm程度の空間を設けていただくことをお勧めしています。
設置環境によってはきれいに収まらない場合もございますので、ご購入の際はご注意ください。

1.取付位置の決定

正面付け
saisun_blind01
窓枠あるいは窓枠の外に設置する
天井付け
saisun_blind02窓枠の内側に設置する

2.幅と丈を測る

正面付けで腰窓の場合
幅:外枠 + 3~4cm
丈:外枠 + 10cm
=ご注文サイズ(cm)
天井付けで腰窓の場合
幅・丈ともに:内枠 – 1cm
=ご注文サイズ(cm)

saisun_blind03※下に家具などがある場合はお好みのサイズで調節してください。

saisun_blind04※窓枠に干渉しないように1cm引きます。

正面付けではきだし窓の場合
幅:外枠 + 3~4cm
丈:外枠~床から – 1cm
=ご注文サイズ(cm)
天井付けではきだし窓の場合
幅・丈ともに:内枠 – 1cm
=ご注文サイズ(cm)

saisun_blind05

saisun_blind06※一つの窓に2つのブラインドを連ねる場合はお互いが干渉しないよう間を1cm程度あけるようにサイズを指定してください。

3.取り付け高さを測る

取り付け高さ:床面~取り付けブラケット位置まで=ご注文サイズ(cm)
取り付け高さによりポール、コードなどの操作部分の長さが異なりますので、正確に測ってください。
※正面付け、天井付けどちらの場合でも取り付け高さは床面までの長さです。
saisunblind08

4.奥行きを測る

saisun_blind07
製品の昇降範囲に、障害物(窓のハンドルなど)がないか確認しましょう。
特に天井付けの場合は注意が必要です。

その他オプション~カーテンレールに取り付ける場合

カーテンレール用取り付け部品(ナットやネジ)を無料で差し上げております。
ご注文の際にお申し付けください。
アルミ製のブラインドは比較的軽量ですが、木製のブラインドは重さがございますので、カーテンレールへの取り付けは、重量にお気を付けください。
ツインスタイルのプリーツスクリーンには、付属できませんのでご了承ください。

SEARCH

MAGAZINE