カーテン・インテリア専門店TERIxTERI

新築時のカーテンの選び方howtochoose-curtain-of-new-construction

新築時、色々な手続きや引越し準備などで忙しく、ついつい後回しになってしまうのがカーテンではないでしょうか。
カーテンが間に合わず、カーテン無しの状態で新生活スタートという方もきっといるはずです。
ここでは、新築時に知っておくと役に立つカーテンの選び方を紹介します。

事前準備

図面を用意して、窓がある箇所を確認します。
窓がある所にマーカーを引くと分かりやすいです。
新築図面の例
どの窓に何を取付けるか検討しましょう。
例えば、リビングの掃き出し窓にはカーテンで腰高窓には同じ生地でシェードを。
寝室は遮光のロールスクリーンを。
脱衣所にはブラインド等。
図面に矢印を引っ張って書き込むと、考えがまとまってきますよ。

レールが取付け済みの場合

最初に「カーテンレール取付け済みの状態で引き渡しかどうか」確認しましょう。
ハウスメーカーによっては、元々カーテンレールの施工が含まれている場合もあります。
ただし、レールの種類はハウスメーカーが指定したものが取付けられますので、それ以外で希望するレールがある場合はあらかじめ担当者と打ち合わせが必要です。
また、カーテンボックス等を希望する場合はプランニングの段階から伝えておく必要があります。

レールあり イメージ図
レールが付いている場合

レールの種類を確認
(機能性レールor装飾性レール)

機能性レールと装飾性レール

 

カーテンサイズの採寸をします

カーテンの採寸方法についてはこちら

 

既製カーテンにするかオーダーカーテンにするか決めましょう

新築の窓サイズで、既製カーテンのサイズでは対応できない窓(大きな窓、小さな窓等)がありますので、
まず専門家に既製カーテンで対応可能かを確認してみてください。
当店でも図面さえあれば、お気軽にお問い合わせいただけます。

 

既製カーテンのサイズは通常、
・100×135・100×178・100×200
という規格がありますので、
既製カーテン希望でも窓サイズによってはオーダーでしか作れない場合があります。

ポイント!
お子様が小さいうちは、子ども部屋はほぼ使うことなく物置代わりとなってしまいがちです。
5年後、10年後のお子様の趣向が今と同じとは限りませんよね。
だったら、とりあえず今お持ちのカーテンを掛けたり、既製カーテンを買えば節約になります!
また、本当にドレープカーテン、レースカーテン両方必要か、もう一度考えてみましょう。
閉めっぱなしになりそうな窓やシャッターのある窓、型板ガラス(すりガラス)の窓にはドレープかレースどちらかだけでも十分かもしれません。
何も掛けないと床や家具が日に焼ける原因になります。
人目に付かないところは節約して、リビングなどに予算をかけるといいですよ。

レールが無い場合

多くの新築戸建て住宅は、レールが付いていない状態での引き渡しとなります。
レールを選ぶ事など滅多にない機会ですので、じっくり納得のいくものを選んで下さい。

レールなし イメージ図
レールが無い場合

レールを選びます(予算、目的に合ったものを)

カーテンレールの選び方はこちら

窓枠の内枠または外枠を採寸します

窓枠内に天井付→内枠を採寸。壁面に正面付→外枠を採寸

カーテンレールの採寸方法についてはこちら

レールを取付けます

取付に関しては、専門業者に付けてもらうか自分で道具を揃えて取付けるか、リビングなど人目に付く窓だけ専門業者にお願いして、2階などは自分で取付けるなど様々な方法があります。
当店では面倒なレールカットを一部商品を除き無料で行っていますので、ぜひご利用下さい。

カーテンサイズの採寸をします

カーテンの採寸方法についてはこちら

ポイント!
レールを取付ける際は、下地の確認・家具の配置・エアコン取付位置・クローゼットの扉などの干渉に注意して下さい。
窓枠の採寸のタイミングはクロスが張り終わったあとがベスト。
クロスが貼ってあるとお部屋の雰囲気がわかるので、レールを選ぶ際の参考になります。
床の養生が撤去されていれば床色も確認しましょう。

カーテンレール 取付時 干渉物 例

生地選び

生活スタイルや部屋の目的別に生地を選びます。
既製カーテンにするかオーダーカーテンにするか、予算と照らし合わせながら検討して下さい。
当店ではオーダーカーテンもお手頃価格にて販売しています。

ドレープカーテンの選び方のポイント

  • 遮光カーテンにするか、非遮光カーテンにするか決めます。
    遮光カーテンについてはこちら
  • 柄物にするか、無地にするか決めます。
  • 素材を確認しましょう。(お洗濯出来るものと出来ないものがあります)
  • 防炎、遮熱、断熱、遮音など機能を確認しましょう。
ポイント!

施設や店舗などに使用する場合、消防法に定められた「防炎性能試験」に合格した商品で、なおかつ防炎ラベルも取付けたカーテンでなくてはなりません。
当店ではオーダーカーテン発注時に「防炎ラベル取付け」を指定して頂ければ、無料にて承りますのでぜひご利用下さい。

防炎ラベル

 

遮光カーテンにするかどうかですが、シャッターを閉める部屋に遮光カーテンの必要性はあまりありません。
朝日を浴びながら目覚めたい方には非遮光カーテンがおすすめです。
非遮光カーテン一覧はこちら

 

また、風水を参考にして色を重視したい方には、カラーバリエーションが豊富な生地がおすすめです。
オーダーカーテン パレット
オーダーカーテン グースオーダーカーテン コロレ
風水で選ぶカーテンカラー

 

レースカーテンの選び方のポイント

  • UVカット、ミラー効果、遮像、遮熱、防炎など機能を確認しましょう。
  • 日当たりや室外からの見え方を考慮して、最適な機能のレースを選びます。
  • 素材を確認しましょう。(お洗濯出来るものと出来ないものがあります)
  • ドレープカーテンと合うかどうか。
ポイント!
生地見本などをもらえる場合は、ぜひ利用し実際に目で見て触ってみましょう。
よくある失敗は、「レースを掛けて外の景色が見えづらくなったために圧迫感が出た」という例です。
生地によっては室内から外の景色が見えづらくなるものもあるので、気になる方はサンプル等で透け感を確認してから購入して下さい。
日中お部屋で過ごす事が多い方は、外からの視線は遮りつつ光を取り入れる「ウェーブロンプラス」を使用したレースがおすすめです。
遮像機能が付いたレースは夜でも外から中の様子が見えにくくなっているので、お住まいの環境によってはドレープカーテン無しでも生活できます。
オーダーレースカーテン TD9530
オーダーレースカーテン TD9531オーダーレースカーテン TD9537

 

部屋別のカーテンの選び方のコツ

  • 部屋の役割によってカーテンの選び方も変わってきます。
  • 生活スタイルに合ったカーテンを選ぶことで、より快適に過ごせます。

最後に

「カーテン選びって難しい」と思うかもしれませんが、まずは直感で理想のお部屋のイメージに合った素材、柄、色のドレープカーテンとレースカーテンをいくつか選んでみましょう。
何通りもある組み合わせの中から、お気に入りを楽しみながら探してみてください。

SEARCH

MAGAZINE